広島中央支部

地域に根ざした経済団体として、「しごと・ひと・まちの好循環」に寄与すべく、次の諸活動に積極的取組を行う。

(1)まちづくり、ものづくり、地域ブランドの確立による観光振興などに係る調査研究活動を実施し
   提言を行う。また、当支部の特徴である3大学との連携を、より具体的なものとすべく取り組みを
   行う。
(2)呉支部との合同都市懇話会はもとより、本部企画行事(含む交流部会)および他支部開催の都市
   懇話会へ積極的に取り組み、会員相互の交流を深めるとともにネットワーク拡充に努める。
(3)地域事情や諸情勢に即した研修・講演・視察などを企画実施する。
(4)組織基盤を拡充すべく、会員の増強に努める。
(5)ゴルフ同好会を開催し、会員相互の交流を促進する。

(委員会活動)

それぞれのテーマについて調査研究を実施し、提言に結びつける。

 ①総務委員会   組織活性化に向けた会員増強と交流事業の実施及び本部交流の取組

広島中央支部の基本方針実現のためには、組織の活性化が急務であることを踏まえ、以下の活動を通じてその実現を図る。
会員増強については、現在減少傾向が続いており、引き続き、支部組織を挙げての対応を行い、5件以上の新規加入を目標に会員数の増加を図る。ゴルフ同好会については、会員相互の交流・親睦を一層深めるため、広島東映カントリークラブにて開催する。
他支部主催の都市懇話会及び本部幹事会、各委員会への積極的な参加を呼びかけ、他地域の状況を見聞すると共に、本支部の活性化に繋がる働きかけを行う。

 ②まちづくり委員会  東広島市周辺地域の活性化に向けた取組みについて

 平成28年度は、「東広島市周辺地域の活性化に向けた取組みについて」と題し、東広島市が平成27年10月に策定した「東広島市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の一助となるよう、これに掲げられた基本目標の五つの柱の一つ、「安心・快適な東広島の創出」の中にある、「周辺地域の活性化」において、東広島市周辺地域の志和町・黒瀬町・福富町・豊栄町・河内町・安芸津町および竹原市で、地域の活性化に向けた活動や、それに寄与している組織・団体等を調査・研究してきた。平成29年度は、これに加えて周辺地域の活性化に取組んでいる組織・団体等の方から「どの様な取組みをされているのか。」を聞き、経済同友会として支援できることは無いかを模索していく。

 ③国際委員会    国際交流活動について

 日本とASEAN諸国の経済交流が進み、広島においても経済・文化・観光など国際交流の促進が期待されている。中でも、広島アセアン留学生協会は日本とアセアン諸国の相互理解・文化交流を目的とし、広島大学留学生を中心となり東広島アセアンフェステイバルを開催している。本年度も引き続きこのフェスティバル開催の支援と交流拡大を進めていく。

 ④文化観光委員会  観光誘致の企画について

 今年度は観光誘致活動において当委員会の企画案だけではなく、行政、商工会議所、観光協会と連携をとり、より効果のある計画を実行していきたい。
 毎年5月の連休に行なう酒の街「西条」酒スイーツ展をより賑わいのある催物にする為にマルシェを募集して、より充実したものにしていきたい。

 ⑤ものづくり委員会 地方創生に繋がる産業・技術の調査研究について

 地方創生に繋がる産業・技術の調査研究として、本部活動とも連携しつつ、以下の取り組みを行う。
  ○産業・技術に関する勉強会、意見交換会の実施
  ○先端技術や新産業に関する企業見学会の実施