創業支援委員会


当委員会は、広島経済同友会の基本方針で示されている、企業が成長して「しごと」が生まれ、「ひと」が集い、「まち」が活性化する好循環を通じた地方創生への取組みという基本方針のもと、その革新的な技術やビジネスモデルによりイノベーションを起こし、地域の雇用や活力の新たな牽引力としての期待が高まっているベンチャー企業を中心とした創業支援のため創設されたものである。

広島県内では、以前から自治体、産業支援機関、民間団体などによる、創業前からの資金面も含めたベンチャー企業に対する幅広い支援の仕組みが整備、実施され、成果を上げてきた。こうしたなかで、今後は教育機関などとの連携による早い段階からの創業マインドの醸成による更なる起業家の輩出や、よりビジネスにつながる創業支援の在り方などが課題として考えられる。

また、一般論として財務・経営基盤がぜい弱といわれるベンチャー企業においては、特に創業から成長期にかけての販売ルート開拓や資金調達方法など、企業経営全般に係わる実践的な支援も重要な課題となっている。加えて、従来から指摘されている大企業のみならず地元中堅・中小企業とベンチャー企業とのより緊密な連携など、今後も官民挙げたさまざまな支援策を検討・実施していく必要がある。

そこで、本委員会では、創業前から成長期に至るまでの幅広い段階のベンチャー企業の支援を企図するなかで、経営者が集う経済団体の強みを生かし、経営や商売の視点も入れて、次代を担う広島発ベンチャー企業のすそ野拡大と、その後の成長を通じた地域経済発展の一助となることを活動の目的とする。

(1)活動基本方針

①ベンチャー企業が生まれている分野・地域の特性・支援制度などについて理解を深めるため、様々な視点から調査・分析を実施し、次年度の提言に向けて関連情報の蓄積を図る。
②経済同友会として、実践的な支援策を検討するとともに、実施可能な支援策については随時実行に移す。

(2)活動内容

①支援機関からの支援を受けた企業などの実態調査や、各種文献・統計資料の調査・分析を実施する。
②有識者による講演会の開催や県内外の先進事例視察などにより、ベンチャーを取り巻く課題や最近の動向などの情報収集を行い、創業を志す人々の発掘や現場のニーズを吸い上げる仕組みについて必要な支援策を検討・実施する。またベンチャー企業と経済同友会会員との連携の在り方についても検討する。
③委員間の交流を深めるなかで幅広く議論するとともに、必要に応じて関連する他委員会とも連携し支援策を検討する
④創業マインドの醸成にむけた教育機関との連携も検討する。