ひとづくり委員会


「広島の未来を担うひとづくりに向けて」

政府の「働き方改革」や労働人口の縮小からダイバーシティが問われている中、広島経済同友会の事業計画、活動テーマである広島の未来を『創る』~しごと・ひと・まちの好循環を目指して~を実践していく。広島で学んだ若者たちが広島の企業に入り、活躍することこそが、広島の未来を創り発展を遂げることである。人財育成は短期間では結果が出にくいものである。当委員会では活動指針にもあるように汗をかく(行動の実践)ことを実践する。

(1)若者のための活動

ひとづくり委員会では、会員企業から人気の高い『第10回新入社員パワーアップ研修』を運営会社と委員会メンバー、メンタースタッフの協力を得ながら6/6~6/8江田島市で行う。昨年から実施している小委員会制を用い、仕事を細分化することで委員会メンバーが参加しやすい形態で今年も実施する。また今年は第1回目から第10回目までの受講生の大同窓会を計画し、受講生のその後の活躍ぶりや異業種交流へと広げていければと考えている。今年度は鳥取県経済同友会、仙台経済同友会からの視察も予定。

(2)女性が輝くための交流会

昨年に引き続き、『女性が輝くための交流会』を2月に実施した。企業側が女性の働きやすい環境整えることも必要だが、職場の理解や家族の理解、そして何より女性自身の働く心構えがとても重要である。しかし、女性がなかなか一歩を踏み出せないでいる現状がある。共感できる仲間を作ることでぜひとも輝かしい活躍を目指してもらうため、講演会、研修会、異業種交流会(車座)を実施する。

(3)大学との連携による事業

広島で学んだ若者たちが広島の優れた企業を知るための機会の提供や大学生と企業との連携など今後広げていければと考える。