まちづくり委員会


まちづくり委員会は、広島経済同友会の基本方針である、「しごと」が生まれ、「ひと」が集い、「まち」が活性化する好循環を、広島県全域を視野に入れた「まちづくり」の観点から推進するための活動を行っている。

これまでの「まちづくり」は、それぞれの地域での環境、課題等の相違から、「都心部」や「中山間地域」といった各々の「まち(地域)」で、議論や検討がなされてきた。

「中山間地域」においては、人口減少や高齢化の進展などから、多くの地域で、まちの活性化のための様々な検討や取組みが行われているが、他地域との連携も少なく、熱いリーダーがいるなどの地域だけが活性化しているなど、その効果は限定的となっている。

また、これまで広島県の成長エンジンとして、その役割を果たしてきた「都心部」においても、都市間競争が激化するだけでなく、建物の老朽化、人口減少や高齢化の進展が大きな課題となってきており、「都心部」の役割や魅力を再考し、それらを高めていくことも必要である。

そこで、当委員会発足初年度であった昨年度は、「都心部」と「中山間地域」の課題や賑わいづくりの方向性や、「都心部」と「中山間地域」を繋ぐという視点で、卓話や視察会を通じて知見を広げる活動を行い、この広島に必要と思われる活動テーマを模索した。

今年度は、活動テーマに沿った卓話や視察会に加え、忌憚のない意見交換を行うことで議論を深めていきたい。そして、委員会でのご意見やアイデアをベースとし、他委員会や関係者などと積極的に情報・意見交換を図ることで、「広島全体の活性化を目指す」提言を行っていく。

加えて、これまで旧委員会で行ってきた提言や報告の具現化のための活動など、すぐに取り組むべき活動についても、並行して継続的に進めていく。