「道の駅&農業女子コラボフェア」の開催

交流部会に所属する「ひろしまアグリサポーターズ」は、平成29年1月27日、広島市中区のシャレオ地下広場において、「道の駅&農業女子コラボフェア」を開催した。

このフェアは、広島県内の農産物を販売する道の駅のPRと農業女子の普及により、広島県の農業の活性化に寄与していこうと開催するもので、広島経済同友会からは「ひろしまアグリサポーターズ」の高木理事長(広島経済同友会特別幹事)、森信代表幹事、香川交流部会長をはじめ会員20名あまりが応援にかけつけた。

主要メンバー
野菜が人気

このフェアは午前10時から午後5時30分まで開催され、道の駅からは「アリストぬまくま」、「湖畔の里福富」、「たかの」、「世羅」、「(協)夢高原市場」、「世羅きのこ園」ら6店が出店。

農業女子プロジェクトからは、「ハニープラス」が出店した。

店頭には、野菜や農産物の加工品、さらにはりんごジュースやお茶、海産物加工品やハニーナッツなど蜂蜜の加工品などが並べられた。

来場者が増加

オープン時には買い物客数も少なめであったが、出店者のみならずアグリサポーターズの積極的な呼びかけや試食コーナーが人気を呼び、お昼前には多くの人で賑わい終了時間の午後5時過ぎには農産物や食料品などはほぼ完売となった。