広島ブランド委員会

「広島エリアを中心とした滞在型インバウンド観光振興に向けた環境整備の推進」

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催が予定される中で、東京から大阪に至るいわゆるゴールデンルートへの訪日外国人観光客(インバウンド客)が急増している。その延長線上に位置し、原爆ドーム(広島平和記念公園)、厳島神社(宮島)の2つの世界遺産を抱える広島県まで足を延ばして周遊するインバウンド客も他県を上回る大きな伸びを示している。

一方、広島県では、これら著名観光地に立寄るだけの通過型観光が主流で、必ずしもエリア内観光消費額の増大に繋がっていないことが大きな課題となっている。

また、広島県を訪れるインバウンド客には、中国、韓国などアジア諸国からの団体旅行客が主体の他県とは異なり、多様な訪日目的を持ち、旅程の自由度も高い、欧米を中心とした個人旅行客(FIT客;Free Individual Traveler)のウェイトが際立って高いという特性がある。

今後も増大が予想されるインバウンド客の広島エリアへの更なる取り込みを図るためには、このように性格が大きく異なる、アジア諸国からの団体旅行客と欧米からの個人旅行客双方の「来訪意欲を高める広島エリアの魅力に関する情報発信」に加え、「宿泊・滞在・周遊型観光を促進する、インバウンド客のニーズにマッチした観光資源・インフラの整備」等を積極的に進めることが必要である。

その結果、世界中の国・地域から広島エリアを訪れる、宿泊・滞在・周遊型インバウンド客の増大が実現すれば、観光消費とその関連需要の増加による域内経済の大きな成長と交流人口の増加による地域の活性化が図られ、広島エリアの地域創生にも直結するものと考えられる。

そこで「広島ブランド」、「瀬戸内ブランド」確立による観光振興を目的として新たに設立された当委員会では、「広島エリアを中心とした滞在型インバウンド観光振興に向けた環境整備の推進」に資する諸方策について検討し、提言を行うこととする。