ものづくり委員会

前年度までの「産業・技術委員会」を発展的に分割し、「ものづくり委員会」を設置した。その狙いは、製造業を活性化し、広島の未来を創る『輝くものづくり』を極めていくことにある。2年間の活動では、会員自らが汗をかき、体験・経験・実践することで人財を育成するとともに、広島のものづくりを変革する提言まとめ、関連する行政・団体への発信、実現を図る。

(1)分科会組織での活動

自動車・機械製造、食品、繊維の分科会を設け、関連業種毎に技術情報の把握、技術交流を促進し、新たな気付きを得てものづくりの知見を高め、「良いことを実践する」相互の成長を図る。また、ものづくり力実践分科会を設け、技術力向上、現場力向上や技能伝承を学び実践することでものづくり力の向上を図る。

(2)相互研鑽による活性化

委員会メンバー、幅広い会員参加を募り、会員間の交流を促進し、結束を深める。また、広島経済同友会内部だけでの活動に止まらず、外部にも視野を広げ、積極的に他の団体/機関の知見も活用し、オール広島での相互研鑽を広め、活性化を図る。

(3)『輝くものづくり力』実現に向けた提言

分科会毎に『輝くものづくり』のビジョンを描き、それを実現するためのプランを示し、関連する行政、団体への提言を行う。委員会を中心にして実施状況の進捗を継続し、各会員の積極的な参画を図り、ビジョンの実現を目指していく。